Weblog_ShinobuTERADA

アクセスカウンタ

zoom RSS 何かを。

<<   作成日時 : 2018/11/15 00:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

月曜、火曜と一泊二日で旅に出ていました。
目的はあったと言えばあったのですが
それほど明確でもなく。

数年前にお世話になった方の生まれ育ち、
今は眠っている地を見に行きたくなった、
という。

速い電車で大きな駅に着いて、
そこからはディーゼルの小さな電車を乗り継いで。
近付くにつれて、窓から見えた海がきらきら光って
綺麗でした。

ロッカーに荷物を入れて駅舎の外に出ると、
とても静か。
あてなど無いわけなので、
日が暮れるまであちこち歩いてみることにしました。

街を歩いている人はとても少なくて、
商店街はほぼシャッター通りと化していて。
とりあえず海辺へ。

砂浜には誰もいません。
しばらくそこでぼんやりしていました。

初めて出会ったときのこと。
交わした会話や、最後に話したことなど。
その人はもうこの世にはいないわけなので、
会って話すことは二度と出来ないわけです。
そんなことは当たり前なのですが、
改めて気が付くと愕然とします。

兄を亡くして以降特に、
こうした感慨を抱くことが増えました。
(自分の年齢のせいもあるのでしょうけど)
人間だけではないですが、
生命を失い、肉体を失うとそれでお終いなのでしょうか、
それが不思議で仕方ないとともに
悲しくて悔しくて堪らない気持ちになります。
生と死の境目とは一体、
それについて考えることも多いのですが
答えなど分かるはずもなく。

そこはひっそりとした港町。
北の雪国なので、車道の中央には
凍結防止の温水がスプリンクラーのように
吹き出ていたり。
小さな堀沿いや、住宅街、裏通りなんかを
ひたすら歩き回りました。
いるはずもないのに、会えるような錯覚を抱きながら、
しかし会えるはずもないと当然分かっていて。
この道をあの人も子供の頃に通ったのだろうな、
などと思いながら歩いていると
胸が苦しくなってきました。

その晩は宿に帰り着いても眠れず、
悶々としていました。
後悔、何故もっと優しく接することが出来なかったのか。
そんな思いがいっぱいになって。
少しでも楽しい思いをしてもらえただろうか、
思い出されるのは笑顔ばかり。
気遣いの出来る、真面目な人だったから。

夜が明けて、宿の窓から眺める古い瓦屋根が並ぶ街と
その上から覆い被さる、分厚い灰色の雲が
しんみり刺さります。
二日目も昼までいるつもりでしたが、
正直なところ気持ちがしんどくなってしまい、
朝早くに出立することにしました。

この数年間のもやもやを吹っ切るために来たのではないし、
気持ちを切り替えようと無理をするのもどうかな、と。
生きていくと、その跡には過去が、歴史が作られていきます。
その上で先のこと、未来を見据えて生きていく。
自分のやるべきことは何だろうか、
そんなことをより一層考えることになりそうです。

結局のところ、自己満足のための旅に過ぎなかったのかも
しれませんが。
色々なタイミングが合って、それもおそろしく偶然で。
(あのときのイベント最終日の次の日に行くことになるとは)
そして来年は七回忌になるのですかね。
せめて安らかであることを祈りつつ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何かを。 Weblog_ShinobuTERADA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる