Weblog_ShinobuTERADA

アクセスカウンタ

zoom RSS それぞれの方法で。

<<   作成日時 : 2018/10/16 23:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ものを作るスタイルというのは、
人それぞれだよなあ、と今更ですが。

それは制作と発表のペースにも言えることで、
立て続けに作品を作って出せる人と、
そうでない人と。
また、同じ作者でも時期によって変わることも
あるのではないかと。

僕自身は頻繁に美術作品を展示していた時期も
ありますし、
ほとんど何も出来なかったときもありました。
どうしても意欲が湧かなかったときは焦りや苛立ちに
襲われていました。

「どんどん発表しないと駄目」とか
「たくさん作ってこそ」という考えもあります。
でもそれを押し付けるのはどうかと思いますし、
意味の無いことのような気がします。
体調や家族の問題や仕事のことなど、
その人にしか分からない事情だってあるかもしれないですし。

ものを作る人間にとっていちばん怖いことは、
惰性に陥ること、
そして考えることをやめてしまうこと、
だと個人的には思っています。
惰性というものは知らず知らずのうちに忍び寄っていて、
本人は意外と気が付かないものです。
忙しくしているとそれだけで頑張っているつもりに
なれてしまう。

たくさん作って、そのことにこだわっていると
時間もなくなって、作品も荒れてきます。
締め切りに追われて、自分を見失い、
いいものが作れなくなる。
結果的に信頼も失い、人は離れていく。
僕自身、そんなことも過去に経験しています。

ひとつひとつの物事について、丁寧に考えてみる。
そうすると、自ずと作るべきものが見えてくる、
そんなことに最近になって気が付きました。
日頃の体験と思考の反芻が重要ですね。

作品に何を込めるのか。
今、自分がいちばん伝えたいことは何か。
言い遺したいこと、形にしたいことは?
それらも、日常で感覚器官を通して得たことについて、
または過去の出来事についてじっくりと、
目を逸らすことなく考えていくことから
生まれるのではないでしょうか。

形式に堕さないこと、
流されないこと。
時間が掛かっても、丁寧に考えること。
少しずつでも焦らずに取り組んでいきたいと
思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
それぞれの方法で。 Weblog_ShinobuTERADA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる