Weblog_ShinobuTERADA

アクセスカウンタ

zoom RSS 根っこのところ。

<<   作成日時 : 2018/09/03 20:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

しばらく作品の展示や滞在制作など
していない状況です。
実は今年も幾つかお話をいただいたものの、
お断りしてしまい。
せっかくのお誘いに対して、
申し訳なくも思っています。

制作はしているものの、
どうしても発表することが出来ず。
理由としては、自分の作ったものを
世に出す自信が全く無いというのがあります。
(贅沢な悩みかもしれませんが)
実は、これは数年前から、です。

何故そうしたことになったかというのは
色々ありますが。

その、色々あった結果、
ものを作って出す、という行為について
根本から捉えなおしたい、
そんな気持ちになりました。
最初にビジュアルアート作品を作り始めたときの
こととか。
自分が「本当は何を言いたいのか」とか。
情熱とか、衝動とか。

その辺りの変質が起こり始めた原因のひとつには、
ステートメントの執筆と推敲もあるようです。
作品や制作、その基本姿勢についての解説文ですね。
現代美術は自作について文章や言葉で
説明出来ないといけない、
そんな風潮が強くあると思います。
(気にしない人もいますし、それが全てではないですが)
人に伝える、という部分でそれは大事ではあるのですが、
伝わりやすくする、とか説得力を持たせたい、
僕自身がそんな考えに支配され過ぎた感じはあります。

ステートメントをこねくり回し過ぎることは、
言葉遊びに堕してしまう危険性も孕んでしまうかと。
そこから新たに生まれたものもあるんですけども。

あとは、人の言うことに振り回されたことも
影響しているのかもしれません。
メンタルが落ちている時期に、
何人かの作家たちから攻撃されたことも含めてですが。

ものを作ることから離れようと思ったことはありませんし、
美術をやめる、という宣言をするつもりもないのですが
根っこのところを見つめ直してみたいですね。
今それをやっておかないと、
後々取返しのつかないことになると思うので、確実に。
疑問を抱きながら惰性で作り続けるのは、
自分を壊してしまいます。
作品が荒れると周りにも迷惑がかかりますし。
(そんな時期も過去に実際ありました)

今、とんでもない回り道をしているなあ、
という実感が物凄くあるのですが、
焦らず思考していきたいです。
行動しつつ、ですけども。

現在の流れは障害物によって変わった結果だとして、
意味のあるものだと受け入れることも
「アリ」だと最近思います。
思い出すときついこともあるにはありますけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
根っこのところ。 Weblog_ShinobuTERADA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる