Weblog_ShinobuTERADA

アクセスカウンタ

zoom RSS 結婚というものについて。

<<   作成日時 : 2018/08/26 11:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

結婚ね。
何故そんなものについて考えているかというと、
今、世間的には夏休みの時期じゃないですか。
そろそろ終わりそうですけど。

街の中が小さいお子さんを連れた親御さんたちで
溢れているわけで。
結婚、そして子育てか・・・などぼんやりと思い。

結婚って、別に一緒に住まなくても良いような気が
するんですよね。
通い婚?みたいな感じで。
特にひとりの時間を大切にしたい人(僕もですが)は
そのほうが関係が長続きするかと。
でも経済的にどうなのか、とか
そもそも結婚というものの意味が分からなくなりそう
ですけど(笑)。

子供についても、
僕自身がひとりの人間の親になれるとは思えないですし、
なっては駄目だとも思うので・・・。
友人たちのお子さんと遊ぶのは楽しくて好きなんですが、
子育ては楽しいだけじゃないでしょうし、勿論。
あと、自分の子供がいじめられたら・・・とか勝手な想像を
するとぞっとする、というか。
でも僕自身の年齢から、子供は割と諦めてますね・・・
結婚も子供も縁があれば、みたいな。
あと、現代の日本は子供を育てるにはハード過ぎますよ。
そりゃ少子化現象も起きるでしょうし、
政治家は国を滅ぼしたいんだろうな、とさえ思います。
僕の周りの親後さんたちはその中でしっかり子育てをされているので
本当に尊敬しています。
僕は、自分の家系はお家断絶でも構わないと思いますし、
そのほうが良いのだろうな、とまで考えていますけど。

別々に住んでの結婚生活、というのは
心配があるとすればパートナーの浮気とかになりますかね。
自由であっても良いとはいえ、それは困るわけで。
結婚というのは、感情面からすると
相手を自分だけのものにしたい、という欲求から来ているのだとは
思うのですが。
それと同じくらい、権力者が市民を管理するために出来た
制度でもあるのでしょう。
税金を取り続けるためでもあり。
為政者は人間の感情を利用した面もあるのでしょうか、
便乗したというか。

そこでふと興味が湧いたのが、
結婚というものがいつ始まったのか、ということで。
ちょっとネットで「結婚 歴史」というワードで調べてみたのですが
所説ありすぎて・・・。
日本と外国でも違いますし。
国内だけでも地域によってまちまちですし。
結婚らしきものは太古からあっても、
いつ頃から制度として確立されたのか、
大まかには分かっているようですけど。

このサイトが分かりやすいかもしれないです。

http://xn--rck1ae0dua7lwa.com/blog/2018/02/14/what-is-marriage/

ひとつ言えるのは、制度としての結婚は時代とともに
変化してきた、ということ。
でも人が人を愛する感情自体には変化は無いのでしょう。
(個人の感情はいずれ変わってしまう、としても)
平安時代の恋愛小説が今でも理解出来るように。
感情を制度という箱に無理矢理押し込む、ということに
無理があるとも思います。
ただ、社会に於ける倫理とかもありますしね。

色々書きましたが、僕個人は結婚の予定など全く無いという、
そんなオチで締めます(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
結婚というものについて。 Weblog_ShinobuTERADA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる