Weblog_ShinobuTERADA

アクセスカウンタ

zoom RSS 本を読むことと、街へ出ること。

<<   作成日時 : 2018/08/01 17:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

僕は引きこもりの時期が長かったのですが、
その間に何をしていたかというと、
美術作品の制作をしていました。
しかし引きこもっていると発表できないので、
そこを解決するために外に出るようになりました。

あと、やたらとたくさんの本を読んでいました。
僕は基本的に本を捨てるということが出来ないので
(それはやってはいけないことのような気がして)
実家の自分の部屋には今でも大量の本が
積んであります。
その本の山は、2011年の地震でかなり崩れましたが。

大学では日本文学を学んでいましたし、
小さな頃から本を読むのは好きでした。
作文や小論文は苦手でしたが。
今でも読書は毎日しますし、
電車の中でも文庫本は手放せません。

勉強することは好きですね。
本を読むと(近頃はネットも重要な教材ですが)
新しい知識を得られて楽しいです。
過去の偉大な文学者の遺した美しい文章を
味わうのはこの上ない楽しみです。

しかし最近思うのは、本から得る知識も大切だけども
実際にこの身体を動かして、外に飛び出すことも
同じくらい重要だということです。
外に出れば、嫌なことが溢れています。
嫌な人だっています。
引きこもった原因も、そこから脱するのが困難だった理由も
それが大きく影響しています。
多くの人が同じ思いをしているのだろうと想像しますけども。

僕は人とコミュニケーションをとるのが下手なので、
落ち込むことも多いです。
もう嫌だな、と。
でもそこから得られることも多かったりします。
その時は嫌で嫌で仕方なくても、
時間が経つとそこに意味を見出すことも出来ます。
そこからアイディアが展開していったりするのです。

この世界にはとてつもなくたくさんの本が存在しています。
近頃では電子書籍なども多く流通していますが、
個人的には紙媒体が好きです。
昔、僕が抱いていた夢に
「この世の全ての音楽を聴き、全ての本を読み尽くしたい」
というものがありました。
不可能なんですけどね(笑)。

ここのところ制作しているものは、
自分自身の経験を基にしています。
どんな人でもその人なりのドラマがあるはずで、
それはオリジナリティに溢れていると思われます。
「人生」、そして「物語(性)」。
そこに注目しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本を読むことと、街へ出ること。 Weblog_ShinobuTERADA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる