Weblog_ShinobuTERADA

アクセスカウンタ

zoom RSS すみません、という言葉。

<<   作成日時 : 2018/06/24 03:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ちょっと久しぶりの投稿、ですかね。
梅雨どっぷり、という感じの日々ですが
皆様お元気でしょうか。
この季節は湿気や日照時間の短さなどで
気が滅入りがちですね。

それに、イライラしてしまうというか。
僕は性格が細かいので(器が小さいのかも・・・)
日常で何かと気に障ることも多いです。

例えば、混雑している電車の車両間を歩いて移動する人。
意図は分かりますが。
降りる駅の出口に近いところで降りたいんですよね。
朝は多くの人が急いでいるので仕方ない面はありますが。
でもやっぱり邪魔臭いと思ってしまいます、
いちいち避けるのが面倒なので。
移動する側からすると、こっちのほうが邪魔に見えるのか、
嫌な顔をされたりします、ちゃんと避けてるでしょうが(笑)。
しかし僕みたいに気を使って避ける人のほうが少数派で、
身体をずらす気さえない人のほうが多いような気も・・・。

そんな些細なことでイラっときてしまったり。
たぶん疲れているんでしょうね、はぁ。

日本の都市部というのは人が多すぎて、
所謂パーソナルスペースが侵害されるのが当たり前。
それに慣れないことにはどうしようもないんですね、
おかしいとは思いますが。
でも、知らない人との距離が近すぎるとストレス感じるのは
やはりしんどいです。
ぶつかられたりしたら最悪の気分。

そんなとき、一言あればだいぶ違うと思うんです。
すみません。
これ、最高のクッション言葉だと思っているんです、僕は。
「日本人はすぐ謝る、欧米では・・・云々」という人もいますが
(そしてそれもまたある面では真実ではありますが)、
すみませんという言葉には謝るという以外の意味も
含まれているのでは。
「すみません」と「ごめんなさい」は違う、と僕の中では
線引きがあります。
「ごめんなさい」は謝る目的に特化していて、
「すみません」は謝るためにも使えますが、
柔軟に色々な場面で有効かと。
「すみません=Excuse me.」
「ごめんなさい=I'm sorry.」
と僕は勝手に考えています(正確には違うのかも)。

ごめんなさい、だとがっつり謝罪的な重い響きもありますが、
すみません、この柔らかさは人と人の間の関係性を
スムーズにします。
混雑した電車内や駅でぶつかっても(ぶつかられても)
すみません、その一言でお互いに気分がかなり違いますよね。
ぶつかったほうだって、やっぱり気にしますもの・・・
いや、世の多くの人は気にもしないのだろうか・・・うーん。

それでも、自分が絶対間違っていない、という確信がある場合は
すみませんも言う必要はありませんけどね、勿論。

それにしても、このストレス社会はなんとかなりませんかね!
職場でも色々あって、ですね・・・(略)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
すみません、という言葉。 Weblog_ShinobuTERADA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる