Weblog_ShinobuTERADA

アクセスカウンタ

zoom RSS 芸術と街。

<<   作成日時 : 2018/06/12 21:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アートの欠片も感じられないような場所に住みたい。
近頃そんな気持ちも湧いてきました。

近年、芸術(特に現代美術)を売りにしてのまちづくりを
モットーにしている地域が非常に多くなった感があります。

この事に関してはだいぶ前に書いた記憶がありますが。

街の中にアーティストやミュージシャンなどが増えて
芸術活動が活発になる。
住んでいる方々がそれに興味を持ち、
交流したり、知識が増えたり、楽しんだり。
それは結構なことだとも思います。
日々の生活の中にアートの要素が増えていく、
潤いと刺激、楽しみが新たに生まれる・・・
とても素敵です。
しかし、その傾向に対して違和感を持つ自分も
いるんですよね。

僕自身、美術の活動をしているので
その恩恵を受けることも多いです。
現在、アートが盛んなところに住んでいますので。

しかし、生まれ故郷のことを思い出すと複雑な気持ちにも
なるんですよね。
あるときを境にして「アートの街」になった、故郷。
その頃既に美術をやっていた僕ですが、
正直ついていけませんでした。

突如として街に設置される現代美術作品。
それは風景を一変させました。
確かにアートを目的に来る人は増えました。
経済効果もあったでしょう。
しかし。

芸術というものは人に強いるものではないと僕は考えます。
見たい人は見ればいい、そうした性格を持つと。
しかし、アートの街はアートの押し売りをしていないか。
興味がない人にとっては疲れてしまうものではないのか。
そんな疑問もあります。
新たなアートファンを増やす可能性も勿論あるでしょう。
しかし、そういう人ばかりではない、と考えてみることも
必要なのではないか、そういうことです。

僕が現在住んでいる街には、美術関係の知人友人が多く、
環境としては勿論恵まれている面も多々あると思います。
しかし、そこから離れることもアリなのでは、と。
実際は引っ越しは大変ですし、仕事もあるので
不可能に近いですけど。
でも条件が整えば動きたいですね。
といっても、少し南下するぐらいになると思いますけども。

今の僕は芸術の香りのない、フラットな場所に憧れていますが
最近の日本ではそんな環境は珍しくなってきたかもしれないですね。
初めはアートがなくても、後から突然発生する可能性も・・・
自治体の親玉が言い出せば、ね。
「アートぶっこんでおけばいいっしょ」みたいな考えで始まると
最悪の結果が生まれてしまうでしょうけどね。

何故こんな冷めた気持ちが常にあるんだろう、と
自分でも思います。
それは僕が元々は美術畑の人間ではないからかもしれないです。
何処か離れた位置から見ているような部分が常にあるという・・・
嫌な感じの奴ですよね(笑)。

心が少し疲れているのかもしれないです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
芸術と街。 Weblog_ShinobuTERADA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる