Weblog_ShinobuTERADA

アクセスカウンタ

zoom RSS どういうことなんだろうな、と。

<<   作成日時 : 2018/05/24 19:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今の職場で働き始めてから約一ヶ月が経ちました。
先輩方も優しいですし、環境も給与面も割合に良いので
やりがいがありますね、アルバイトですが。
(過去、相当酷いところにも在籍していたので)

某ショッピングモールでの清掃業務なのですが
なかなか仕事量は多いです。
でも清掃の現場は何処でもそんな感じなので
仕方ないですね。
清掃業界に入って、いつの間にか十年ほど経ちます。

どんなところでもそうではありますが、
これはどういうことなんだろうな、と思うこともあり。
現在の僕の受け持ちの作業の中に、トイレ清掃があります。
男性用もですが、女性用トイレも担当しているんですね。
清掃業界ではあまり無いパターンなのですが、
人手不足のために男性がやらざるを得ないのでしょう。

男性が女性用トイレを清掃する、というのは
なかなか難しいものがあります。
従業員の方々がガンガン入ってくるので、
出てくるまでしばらく待っていなければなりません。
当然仕事は止まってしまいます。
効率の悪いこと甚だしいですね。

そんな中、テナントさんから苦情が入ったそうです。
「男性が清掃していると使いづらい」と。
そう言われても・・・
僕は上から言われて仕事としてやっているだけであって。
それに、別に好き好んでトイレ清掃をしているわけではないのですが。
というか、僕はそんな苦情を予め想定していたので、
超スピードでなるべく早く終わらせるように努力していましたし、
なるべく気を使いつつ作業をしていたんですけどね。
(ちなみに僕以外のスタッフもこの作業をしています)

苦情があったということで、
お店の方とうちの清掃会社で相談して、
清掃中は従業員の方には他の階のトイレを使用してもらうことに
正式に決まりました。
その旨を表記したパネルも作って、
トイレ清掃をしている間はドアに掲示するようになりました。

しかし。
それでも平気な顔をして入ってくる人も結構いるんですよね。
びっくりしました。
上の人からの話が下りてきていないのか、
聞いてはいるけれど無視しているのか。
別に良いでしょ、という感じなのか。
僕がなめられているのか・・・。

パターン1
「すみません、清掃中なんですが・・・」
「あ、流しの鏡でお化粧直しているだけなんで大丈夫です」
「(ええ・・・)」
→流しの清掃が出来ないんですが。

パターン2
「すみません、清掃中なんですが・・・」
「分かってるけど、急いでるのよ!(プンスカ)」
「(ええ・・・)」
→それを言ったら誰でも使って良いことになっちゃうでしょ、
しかもなんでキレているのでしょうか。

もうですね、僕は諦めましたよ。
この人たちは自分が良ければ構わないんだな、と。
清掃員って軽く見られがちですしね・・・。

というか、そんなことを言うくらいなら、
苦情なんか入れなければ良いのでは・・・
その苦情入れた人が余計なことをしてくれたせいですから。
でも見つけ出して叩くわけにもいかないですしね。

一番良いのは、女性用トイレの清掃は、
女性の清掃スタッフが担当することですかね。
そのためにも人員を増やして欲しいですね・・・
このままではなかなか厳しいかと。

色々な人がいるなあ、と人間観察のつもりで
淡々と働くことにしています。
人間って面白いですよねえ、とほほ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
どういうことなんだろうな、と。 Weblog_ShinobuTERADA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる