Weblog_ShinobuTERADA

アクセスカウンタ

zoom RSS 言葉の美しさ。

<<   作成日時 : 2018/04/11 12:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本人にとって英語の習得というのは、
なかなか骨が折れるものだな、と日々思います(笑)。

特に僕はリスニングが苦手です。
これは多くの日本人にとっての悩みのようで、
リスニングがもう少し出来たら・・・というのは
よく聞きますね。
発音も難しいですが、
これは口腔内の構造が英語圏の人々と日本人では
形が全く違うというのも原因のひとつらしいです。

僕がその他に少しだけかじった言語は、
スペイン語、フィンランド語、アイスランド語など。
これらは海外での滞在制作のために勉強しました。
といっても、挨拶くらいしか喋れませんが。
大学のときはドイツ語を第二外国語で
履修していました(今ではすっかり忘れています・・・)。

他の国の言語を学ぶと、日本語に対しての意識が変わります。
僕は、文章の構造や言葉の並びに敏感になりました。
これは面白い発見でしたね。
他の人はどうだか分かりませんが、そういう変化が
ありました。

日本語の持つ美しさも再認識しました。
言語や芸術というのは環境の影響を受けるのだと思います。
四季があること、特に湿気が感覚に与えるものは
大きいと気が付きました。
それが色彩感覚や文章の繊細さに繋がっていると。
音楽に関してもそうかもしれません。
しっとりした部分が、現代の日本の芸術にも受け継がれています。

僕にとっての日本語、そしてその文章、文体というのは
「障子」のイメージです。
木の細い桟が組まれ、そこに白くて光を透過する、
薄い紙が糊で張られている。
それが季節によってはピンと張り詰めたり、
弛んだりする。
開け閉めするときにたてられる、スーっという音や
カッカッと音をさせながら引っ掛かりながら開く具合など。
日本の小説を読んでいるとき、
頭の中には「障子」的なイメージがあります。

文章というものも僕はビジュアル表現の一種でもあると思っていて、
言葉の並びが目に入った瞬間に「ああ、平面構成だな」という
実感がいつもあります。
好みの構成を見て、ああ美しい・・・と感じます。
自分にとって不快な言葉の並びを見ると、
正直本を投げ捨てたくなりますね(笑)。

漢字、平仮名、片仮名のバランス。
漢字が多いと、ちょっと固くて重々しい。
平仮名は優しい、優雅。
片仮名は洒落っ気と異文化、中間的な形。
それらによって平面構成がページの中で作られているのです。
なので、物語の進行とともに、
そのビジュアル的な構成も楽しむ、という感じです。

普段日本語を使っていても「なんて難しいんだろうか」と
思います。
社会生活の中で使われる敬語表現の豊富さなんかもそうですね。
漢字もどんどん忘れてしまいますし(スマホなどの影響か)。
日本人の変態さの原因はこんなところにあったりして。

日本人の婉曲的な表現に対して、海外の人から非難されることも
あるようですね、分かりにくいとか。
確かにそういう面もあるとは思うのですが、
それも日本語の持つ美しい特性ではないでしょうか。
大体、そんなめんどくさいことをすること自体、
ある種の美学のような気がします。
だって遠回しな伝え方をするより、ズバッと言ったほうが早いですし。

海外の人とコミュニケーションをとるのに英語を学ぶことは
重要だと思っていますし、日々実感しています。
しかし、こんな時代だからこそ日本語の持つ美しさを
改めて見つめてみるのも良いかと思います。

僕は書店をぶらぶらするのがとても好きなのですが、
迷いに迷って本を買うときの、あの高揚感。
その本の重さ、表紙のデザイン、紙の匂い。
そしてページを開いたときの文字列。
そんなことにいまだにときめいてしまいます。
ある種のフェチシズムだと思いますが、
そういう人は意外と多いのではないでしょうか。
紙媒体がいまだに根強く残っている理由は、
そんなところにもあるのでしょうね。
僕は自宅の本棚に並んでいる本の背表紙を見るだけでも
楽しいです。

言葉って言ってしまえば単なる記号なのに、
想像力を使ってイメージを膨らませることが出来る。
それをある程度、他人同士が共有出来る。
そして空間を飛び越えることも出来る。
アナログなツールではあるのですが、
それ故の強さと普遍性も持ち合わせているというところに
惹かれるのかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
言葉の美しさ。 Weblog_ShinobuTERADA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる