Weblog_ShinobuTERADA

アクセスカウンタ

zoom RSS アルバイトを退職。

<<   作成日時 : 2018/02/27 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、今日でアルバイトを退職しました。
結局今回は三か月間くらいしか在籍していなかったですが。
ちなみに、横浜市内にある、某商業施設の清掃の仕事です。
僕は主にトイレ清掃を担当していました。

幾つかおかしな点があり、
上司と話しても納得出来ず、
危機感も感じ始めたので辞めることに。



@募集内容と実際の始業時間が違う

某求人誌には「朝7:00から」と書いてあったのに、
電話してみたら「実は6:30からなんですよねー」と言われ。
現場に行ってみたら「6:00前には来てほしい」と。
いやいやいや・・・。


A無茶な連続勤務

上司の単純なミスですが、
シフトを組み間違えたからと言って、そんな連続で
現場に入らなければならないの?という。
疲れ果てました・・・。


B人を入れない

どう考えても人が足りないのに、
新しく人材を入れない。
でも(僕を含めて)誰かが辞める、ということになると
素早く入れる。
つまり、人員の総数を増やすという考えは無く、
ぎりぎりで回せるだけ回す、ということ。
こういう職場はとても多いと思います、業種関係無く。


C健康問題

心身共に疲れ果てた末の体調不良。
(嘘です。これは建前で、僕は元気です、笑)


D衛生観念の甚だしい欠如

例えば、トイレの床を数時間拭いたモップを
素手で洗う人がいたり。
通常、作業用カートには消毒薬などが載せてあるものですが、
そういうこともなく。
僕は怖かったので自分で用意した使い捨てのビニール手袋を使ったり、
アルコール消毒スプレーを携帯して対処していました。


E先輩からの嫌がらせ

実はこれが一番の理由。
基本的に優しい方が多かったのですが、
ごく一部の意地悪な先輩方のせいで台無し。
そういう職場は多いでしょうけど。
今までもありましたけどね・・・別の場所で。
今回の場合で言うと、
その人本人は仕事が出来ないのにこっちの揚げ足をとったり、
無理矢理に重箱の隅をつついて暴言を吐いてきたり。
しかもその人が酷くサボるせいで、僕に皺寄せが来て
大変なことに。
そうしたことが苦痛で仕方なかったです。
仕事というものは、互いにフォローし合うのが当たり前だと思うのですが、
それが成り立たないわけです。
気持ちがどんどん空しくなっていきました。
その人のせいで過去に辞めていった人が多数いるらしいのですが、
人が足りないから辞めさせられないんですよね、例え問題児でも。
新人が入る→いじめられる→辞める→新人が・・・
という負のスパイラル。


F上司の態度

僕が退職することが決まってからの、
現場主任の態度の酷さには心底がっかりしました。
いくら居なくなるからといって挨拶を無視するというのは。
人員が減る大変さは分かりますけどね・・・。



・・・という感じでした。
アルバイトなので無理して続ける必要も無いですし、
自分のことが大切なので。
意地悪をしてくる人に接すると、
こういう人たちがこの国を駄目にしているんだな、
と実感します。
そういう人に関しては、
人間観察出来るというのが、こっちにとっての唯一のメリットかもしれませんね(笑)。
でも、優しく接して下さった先輩方には申し訳ないと思っています、
僕が辞めると当然その分の負担が増えてしまうので。

さて、次の仕事を探さねば。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アルバイトを退職。 Weblog_ShinobuTERADA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる