江古田ユニバース2013作品「Into the light」解説。

「Into the light」 / 寺田忍(TERADA,Shinobu)


人は光を求めると同時に闇を求める本能がある。
生きていく上で、どちらの傾向性をより強く持つか、
によって個人の可能性が変わってゆく。


心から光を求め続ける人は、強い。
植物は光の射すほうへ伸びてゆく。


上へ上へ昇ってゆくにはちからが必要。
下へ下へ降りてゆくにもちからが必要。


現実世界の実際の行動に於いては、
昇ったからには降りなければならない。
精神世界ではどうだろうか。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この作品「Into the light」は螺旋階段を包帯で包み込みました。
実際に階段を昇り、降りて包まれる感覚を楽しんでいただければ、
と思います。
「柔らかい光の中へと。」
そして、包帯に触れ、優しい気持ちになっていただけたら。


心からそう願っています。


2013.10 寺田忍(TERADA,Shinobu)

画像



江古田ユニバース2013
http://ecodauniverse2013.businesscatalyst.com/index.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック