レオナール・フジタ展を見に行きました。

今日は上野の森美術館に
「没後40年 レオナール・フジタ展」を見に行きました。

雨降ってましたけど。

内容は・・・あっさり目だったような気もしますが、
フジタの身の回り品が特に興味深かったです。

木箱も可愛かったし。

一番心惹かれたのは、
ミルク缶とそれが置かれた装飾棚でした。
なんでだろう?
非常に息遣いのようなものを感じました。
絵画作品ももちろん「えー、これ油彩なのー?」という
驚きはありましたけれども(おいおい・・・)。

僕がいつも包帯を巻いて作る作品に
近いからかもしれませんね、ミルク缶って。
フジタが作った模型も良かったなあ~~~。
アトリエの模型とか、欲しくなりましたもん。

ただ、後半の宗教画はちょっと・・・。
自分としてはイマイチでした。
モチーフが限定されちゃう傾向にあると思うんですよね、
宗教画って。
その中でどれだけ自由度を得るか、
でもそれにも限界があると思うんですよねー。
フジタは宗教のほうに行かないでほしかったような・・・。
(※宗教を貶しているわけではないです、念のため)

でもまあ、今回はフジタの生涯を追う、というのがテーマだったと
思うので。
そういう点では、非常に分かりやすい内容と流れでしたね。

気になった点は。
照明がいまひとつだった気がします。
仕方ないのかな、画面保護のためとか、かな?
明るさとかじゃなくて、照明の色。
オレンジっぽくて、画面の白の部分が分かりづらかった。
光の当て方も、もうちょっと、のような。
表面、ガラスとかあるんだし・・・。
ちょい見づらかった。気がス。

なんか文句ばっかり言ってますが、
充実した時間を過ごせました。
雨、っていうことでお客さんもそんなに多くなかったし。
でも混んでましたけれど。
作品を見て、元気を貰いました。
頑張ろう。

実は今回、ある方からチケットをいただいて見に行ったんです。
その方は北千住の美術関係の収集家の方で。
先日、立体の小品をお買い上げくださいました。
今回のフジタ展にもその方の収集品が出品されていました。
おお~~~、スゴイ。。。名前が載っている・・・。


■「没後40年 レオナール・フジタ展」

2008年11月15日(土)~2009年1月18日(日)

10:00~18:00

於:上野の森美術館

http://www.fujita-ueno.jp/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック