「河口聖 展 -風景・静寂の記憶-」を見に行った。

先日のグループ展「八回転」(於:KEY Gallery)で
お会いした、河口聖さんの個展を見に行ってきました。

河口さんは、絵の具に砂を混ぜて
絵画を制作されています。

というと、重いイメージを抱かれる方もいらっしゃるかもですが
軽快な、ふわっとした感じがしました、僕は。

ふわっとしていて、さくっとした感じ。

かといって、軽すぎない。

見ていて、非常に心地良い重さ、というか。

それは色彩にも言えることで。

僕が(勝手に)メッセージとして受け取ったのは、
「歴史の堆積」っていうことかなあ。
時代の経過によって、少しずつ積み重なっていくものがあって。
その中で、人は何を残せるのか、とか。
時というものに、人間は飲み込まれてしまうのか。

とか、そういうことを勝手に考えていました。

川崎って、久しぶりに行きましたが
すごい賑わっていてビックリしました。

■「河口 聖 展 -風景・静寂の記憶-」

2008年9月24日(水)~10月13日(月)

11:00~19:00(会期中無休)

於:かわさきIBM市民文化ギャラリー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック