テルミンをアンプにつないでみた。

先日、ハンズにて「大人の科学マガジン」という
雑誌を購入したんですが。

まあ、雑誌というか付録がメインのような。

で、その付録が「テルミン」だったので衝動買い!!

テルミンっていうのは、箱状の本体からアンテナが出ていて
そのアンテナに手を近づけたり遠ざけたりすると
「みゅわ~~~~~~ん」っていう音が出る、電子楽器です。

ロシア(ソ連)のテルミン博士という方が発明したもので。

まあ、そのテルミンのちっちゃいのが、その
「大人の科学マガジンvol.17」っていう雑誌の付録で。
このテルミンが付録の号って、もう売ってないと思ってたんですが。
見つけたとき、嬉しくてw

早速、組み立ててみました。
そして、しばらく「みょわ~~~~~~ん」って遊んだり。
でもちょっと、音量が小さいな、と。

で、雑誌に改造の仕方が載っていて。
「ギターアンプに繋げることもできる」と。
ほほう。やってみよう。
ちいちゃいギターアンプは持っていたので、
あとはまあ、配線ですか。
久々にハンダゴテを握り、じゅじゅう~~~とハンダ付け。
おお、懐かしい、ハンダのニオイ。
実は僕、中3のときに工作部の部長で
ゲルマニウムラジオやらなんやらいろいろ作ってたのです。
秋葉原の部品屋さん街にも通ったなあ。
あの部品屋さんの並びって、今でもあるんでしたっけ?
あ、話がちょっと逸れましたw
なんとかテルミン内部の配線も済み。
いよいよスウィッチオン!
おお、音がでかくなった!当たり前かw
でもちょっと、ノイズが多いかな~~~?
このへんはまあ、チューニング次第かなあ。

詳しくは、「大人の科学マガジン」のサイトを。

http://otonanokagaku.net/magazine/vol17/

テルミンを使用した展示も考えています。
まあ、このちっちゃいトイ・テルミンだと厳しいかもですがwww

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック