新象展を見てから、銀座の画廊廻り。

今日はまず、上野の東京都美術館へ。

僕が出品している、「第51回 新象展」を見に行きました。
実際に自分の作品が展示されているのを見る、
というのは、いつでもドキドキするものですね。

ちょっと恥ずかしい、という思いも。
先輩方の作品の完成度を見て、落ち込んだり。
当たり前かもしれないけれど、まだまだぜ~~~んぜん甘いんですよね、
僕の作品は。

賞を二ついただいていたのはビックリしましたけどw
「奨励賞」と、あと「高林賞」という賞をいただきました。
授賞式に出られなかったのは残念。
中二階の事務所で、先輩方とちょっとお話してから、銀座へと向かいました。


まず、出来上がったDM(案内状)を持って、
7月の個展会場の「青樺画廊」へ。
画廊の方といろいろお話。
画廊内では日本画の展示をやってました。
最初、抽象画かな?と思ったけど具象で。
グリーンの絵と、赤っぽい絵の並びがきれいでした。

■「大草肇 日本画展」

2008年6月2日(月)~7日(土)

12:00~19:30(最終日17:30)

於:青樺画廊



そして、以前、「東京展・受賞者展」でお世話になった、
ギャラリー・セイコウドウさんへ。
画廊企画のグループ展をやってました。
抽象画・静物画など、バラエティに富んだ展示内容。
入り口から入って、突き当たりにあった鮮やかな絵画がよかったなあ。

■「画廊企画 VOLANTⅡ」

2008年6月2日(月)~12日(木)---8日(日)休廊

11:00~18:30(最終日17:00)

於:ギャラリー・セイコウドウ




それから、新象展でお世話になっている相馬博さん、
東京展の先輩の田中幸之助さん&藤谷美貴雄さんが出品されている
グループ展を見に。

「自由の象徴、風とその精霊 天狗を楽しく表現する作品展」
がコンセプトのようです。

絵画や、レリーフ、立体など。
かわいらしい作品もあって、とても楽しい感じの展示でしたね~。
田村晴海さんという方と、ちょっとだけおしゃべり。
しかし!
こういうときに、名刺を持ってきてない、僕(--;
そうなんだ、プリンターの上に置いといたんだった、ケースごと。。。
焦りまくってしまった・・・。

このステージワンという画廊さんと、
展示内容がマッチしてる感じがしましたね、非常に。
画廊内の空間をのびのびと使われてるなあ、と。

お茶を一杯、いただきました。

■「風の仲間達  自由の象徴、風とその精霊 天狗を楽しく表現する作品展」

2008年6月2日(月)~7日(土)

12:00~19:00(最終日17:00)

於:ギャラリー STAGE-1(ステージワン)




そしてそして。
東京展の先輩方がたくさ~~~ん出品をされているグループ展を見に、
ロイヤルサロンギンザへ。
ええっと、石川日向さん、沢登みよじさん、田中幸之助さん(前出のステージワンにも!)、
とやまみーやさん、西村春海さん、濱野彰親先生、松岩邦男さん、松田眞住さん、
麻利邑みみさん、宮川かず美さん、、、。

もっといらっしゃるのですが、ちょっと書ききれないです、
スミマセンm(__)m

日本出版美術家連盟という団体(?)の展示。
さすが、といいましょうか、
洗練された&完成度のたか~い作品が勢揃いという感じで圧巻でしたねー。
実際に、イラストなどをお仕事とされている方々ですから、
当たり前かもですが、プロですよね。
CGもあれば、手書きもあって。
お茶をいただきながら、鑑賞させていただきました。
帰りに、ポストカードも数枚購入。

テーマは、「アガペー=無償の愛」。
「アガペー」は、神の、人間に対する愛、だそうです。

■「第39回 日本出版美術家連盟展 『アガペー=無償の愛』」

2008年6月3日(火)~12日(木)---9日(月)休廊

11:00~19:00

於:ロイヤルサロンギンザ



本当はもっと廻りたかったんだけどね~。
時間切れ。

しかし、あれですね、この画廊廻りシリーズ(?w)、
毎回長文ですねwww
読んでくれる方、いらっしゃるのだろうか~?^^;

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック