アクセスカウンタ

blog.s_t

プロフィール

ブログ名
blog.s_t
ブログ紹介
美術家の寺田忍、

日々のこと。
制作のこと。


Website: http://www.shinobuterada.net/

Twitter: @shinobuterada

Facebook: "寺田忍"で検索して下さい。


---Information---

BAREFOOT PATH
Korpo, Finland
http://www.barfotastigen.com/


写真の地層展vol.18 / STRATO FOTOGRAFICO 2016
世田谷美術館区民ギャラリーB室
2016年7月6日(水)-10日(日)
http://www.setagayaartmuseum.or.jp/


Hafnarborg artist in residence
2017年9月1日(金)-30日(土)
Hafnarborg Centre of Culture and Fine Art
Iceland
http://hafnarborg.is/en/
zoom RSS

メダカの赤ちゃん。

2016/06/27 22:10
メダカの赤ちゃん、産まれました。

ここ二、三日で一気に10匹以上に。
今年はどこまで増えるかな?

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


写真の地層展vol.18に参加します。

2016/06/23 00:51
世田谷美術館でのグループ展、
写真の地層展に参加します。

先月のフィンランドでのレジデンスにて撮影した写真作品を
展示する予定です。

画像



STRATO FOTOGRAFICO 2016
写真の地層展 vol.18

「写真の地層展 」は作家達が個々の作業を持ち寄り、あらかじめの決めごとなく、
同時進行で会場を作品で埋めて行くという方法で展示します。

空間をその場で作って行くインスタレーションのような展示で毎回、
どのようになって行くか、それが楽しみです。
2000年から始め、もう18回を迎えました。

今回は、阿部棟也、阿部尊美、青木陽、福田タケシ、船木菜穂子、古軸泉、ほり けいし、
加地豊、小峰倫明、kon、桑原敏郎、松本晃弘、三橋郁夫、森敏明、本橋松二、中島麻未、
西山方康、大倉将則、大山裕 、櫻井清史、桜井里香、佐々木邦彦、笹谷弘、
田口芳正、田中菜穂子、田中崇嗣、寺田忍の27名で行います。
御高覧のほど宜しくお願い致します。


世田谷美術館区民ギャラリーB室
2016/7/6(水)-10(日)
10:00-18:00
入館は17:30までに。
最終日は17:00まで

東京都世田谷区砧公園 1-2 
http://www.setagayaartmuseum.or.jp/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


フィンランドから帰国しました。

2016/06/06 03:06
先日無事にフィンランドから帰国しました。

今回のレジデンス&展示では、
何かを掴めた気がしています。

それは海外レジデンスでの過ごし方だったり、
制作の過程などなど。
色々と自信を持つきっかけになったと思っています。

実はこのレジデンスと展示に参加するかどうかで
悩みました。
決まったという知らせが急だったのと、
今年は海外に行くつもりがなかったからです。

でも結構倍率が高かったらしいですし、
腹を括って行くことにしました。

結果として職場(アルバイト)の方々に迷惑をかけてしまい、
申し訳ないと思っています。
レジデンスとアルバイトの両立は課題ですね。
おそらくこれ以上今の職場に籍を置きつつ、
海外レジデンス(一ヶ月以上の)に参加するのは無理かと。
大事なことなので、決断が必要な時期ですね、
残念ですけど。
でも僕も職場で微妙に無視されたり、
肩身が狭い思いをするのは心地よくは無いので。
でも送り出して下さっている会社の上司には感謝しています。
たぶん下からは色々言われているとは思うのですが・・・。

こうした作家業とそれ以外の仕事(アルバイト含む)の両立、
というのは多くのアーティストにとっての共通の問題、課題でしょうね。
乗り越えないといけない壁、ですね。


とにかく、今回の滞在制作と展示では得るものがとても大きく、
今後の励みになりました。
先をきちんと見据えてしっかりやっていきたいと思います。

画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新作完成。

2016/05/29 00:00
野外展示「Barefoot Path」のための新作が完成しました。

タイトルは「Treatment #26052016」。
完成までに約二週間かかりました。
毎日ひとりで少しずつ作業していました。

画像


この納屋は築約200年ほどらしく、
木材が相当傷んでいました。
なのでガンタッカーがうまく刺さらない箇所もあったりで、
なかなか苦戦しました。

画像


窓の部分の包帯の隙間から作品内部を見ることが出来ます。
荒れ果てた庭、といった趣で、個人的にとても気に入っています。

画像


少しだけ何かを乗り越えることが出来たような、
そんな気がしています。

Barefoot Path
http://www.barfotastigen.com/

AARK residency
http://aark.fi/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日々。

2016/05/27 04:15
のんびりした空気感。

画像


僕はあんまりのんびり出来てないですけど(笑)。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


色々。

2016/05/25 06:00
ちょっとずつ、作品が完成に近づいてきました。
もうひとふんばり。

森の中でたったひとりで制作していると、
ふと不思議な感覚に陥ります。
「この場所をお借り出来てとても嬉しいです、ありがとうございます」
と森の中の何かに感謝したくなるような。

自然のちからに包まれていると、謙虚な気持ちにならざるを得ませんね。
なんというか、圧倒的なちから。
優しく、厳しい。
そうしたものに畏敬の念を抱くようになります。

それから、過去、今まで自分自身が関わってきた人たちのことを
しみじみと思い出したり(残念ながら亡くなってしまった方々のことも)。
これはどうしてだか分からないのですが。
やはりこの環境のせいかと思います。

今の自分と過去の自分。
少しは成長したのかな。
それともあまり変わっていないのか。

色々と思いを巡らせつつ、の日々の制作です。

画像



画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


少しずつ。

2016/05/22 00:27
屋外作品、少しずつ完成に近づいてきました。

今回のモチーフの納屋、なかなかのサイズがあるのですが、
屋根が無いのでその分時間が短縮出来ています。

ただ、この納屋、太い丸太で組まれている構造なのですが
あちこち腐っているんですよね・・・
作業していると頭上からボロボロ木の破片が落ちてきますし。
あと、包帯をガンタッカーで止めているのですが、
場所によっては腐った木が柔らかくなっているので
タッカーのステープルが刺さらなかったり。
なかなか苦戦しています。
耐久性のことを考えつつ作業しないといけないので
時間もかかってしまいます。

展示期間が四ヶ月くらいあるので、
耐久性は取り組むべき大きな問題ですね。
僕はその間は日本にいますし。

焦らずにやるしかないんですけどね。

画像


画像


休憩取りながら制作していますが、
ちょっと疲れが溜まってきましたね・・・体力無いなあ(笑)。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

blog.s_t/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる